ギターの弦交換にどれだけの時間を費やしていますか? 弦交換が面倒だと思っている方必見!



【弦交換に費やしている時間は?】


こんにちはアカッチです。

みなさんギターの弦どれくらいの頻度で交換しておりますでしょうか?

アカッチは大体月に1.2回でしょうか?

中には毎週一回で1時間ぐらいかけて交換している方もおられると聞きます!

毎週交換するということは結構だと思います。

だって常に弦が新品に近い状態を維持できるんですから。

でもちょっと待ってください。(・Д・)ノ

この一回の弦交換で1時間って長くないですか?

一ヶ月に換算すると4時間!

1年だと50時間!!

10年に換算すると500時間!!!

この時間もったいないと思うのはアカッチだけでしょうか?(´・Д・)」

500時間もギターを練習するとかなり上達するはずです!

弦交換が趣味だという人はいいのですが、

たいていの人はめんどくさいって思いますよね?(`o´)

そうなんです。弦交換ってめんどくさいものなんです!

たいていのギタリストはそう思っているはず。

なのでアカッチはそんな皆さんの為に

たった5分でできる弦交換の裏技を教えちゃいます!

【ひたすらペグを回し続けることに意味はない!】


これは横穴式限定でのやり方になりますが、ペグの穴に弦を通し、はみ出した5センチぐらいのところで折り曲げて、

その折り曲げた所を再度ペグ穴の部分に引っ掛けますよね?

問題はここからなんですが、

その状態から皆さんひたすらペグを回し続けていませんか?

実はここが無駄なんです!

この動画をご覧ください。



折り曲げた部分をペグに引っ掛けてから、ペグを回すのではなくペグに弦を手で巻き付けていくんです!

これでだいたい3周ぐらい巻き付けてあとはペグのつまみを回して弦を張ります。

なぜペグのつまみをひたすら回して弦をまく必要があるのか?

たぶん誰でもできるように解説すると必然的にこの方法になってしまったのでしょう。

でも少し器用な方でしたら私の方法で全然かまわないと思います。

だって「結果は同じ」なんですから。

というよりこんなこともできないのであればギターを弾くことすらできないとおもいますので。(´・Д・)」

【なぜそうするのかを考えた事ありますか?】


DSC_1379.jpg

あなたはなぜペグに弦を巻くのかを考えた事はありますでしょうか?

①チューニングを安定させるため

②見た目をかっこよくするため

③弦を外れないようにするため

みなさんお分かりですよね。(^-^)/

答えは弦が外れないようにするためです。

どうして弦を巻くことによって弦を固定することができるのか?

それは弦を巻き付けることによりペグの接触面積を増やして摩擦係数を稼いでいるため!(・Д・)ノ

であります。

あと弦はペグのRに沿って巻き付けられているため、その状態でテンションをかけることによって絞られる力も発生しております。

知っている方なら当たり前の話なんですが、意外と知らないでやっている方も多いかと思います。

あともう一つ大事な話をいたします。

弦を折り曲げた部分から一周目は上に巻き、2周目から下側に巻いていくという方法ですが、これは何のためにしているのかご存知でしょうか?

答えは言いません!( ̄^ ̄)ゞ

そのやり方をしている人に直接聞いてみてください。

どんな答えが返ってくるのか楽しみですね?(^-^)/

ちなみに最初に間違いを言っておきますのでそれ以外の答えをきいてくださいね!

間違い① チューニングの安定

間違い② ペグ穴の上下からはみ出した弦を挟み込んでいるため弦が抜けにくくなる。

間違い③ 見た目がかっこいいから

どれも間違いですのでご注意を!

心配しなくても答えはちゃんと用意しておりますので。(・Д・)ノ

ヒント!このやり方は特に低音弦ほど有効です。

考えたことありますでしょうか。なぜ1.2弦だけこんなものが?

いずれお話いたします。

今日はこんな所で。

またお会いしましょうアカッチでした。(・Д・)ノ

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

こちらの記事もあわせてお読みください。(・Д・)ノ

ギター初心者専門講座その1は
【ここをクリック!】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。