基礎練習その1 右手のストロークから始めてみましょう。

DSC_1119.jpg


こんにちはアカッチです。

今日は3歳から始めるエレキギターの基礎練習です。

世の中のパパさん、ママさん、小さなお子様にギターを買い与えたのはいいのですが、どう教えていいのかが分からず、しかもギターに全然関心を示さなくなり、押し入れの中にしまいっぱなしにはなっていないでしょうか?

アカッチはそんな押し入れにしまいっぱなしのギターを格安で買い取ります!(・Д・)ノ

・・・・・・・・・・ではなく、そんな迷えるパパさん、ママさんを救うべく、【3歳から始めるギターレッスン】シリーズを公開しております!

本日は基礎練習ということでと

①【右手のストローク】

このピッキング練習法をご紹介します!

めちゃくちゃ簡単ですので是非取り入れてくださいね。

ギターにおいての右手ストロークですが、主に二つの肘関節の動きから成り立っております。

一つは肘の曲げ伸ばしによる動きです。これは簡単に想像できるかと思います。

そしてもう一つは肘を回転させる動きです。

「えっ!なんだそれ!?肘って回転するものなの?」・・・・・・とみなさん思ったでしょう?

そうです、なんと肘関節は回転するのです。

正確には肘の 【回内】(カイナイ) 【回外】(カイガイ)運動と言います。

よくみなさん手首の動きと勘違いしておられる方が多いですね。(・Д・)ノ

よく表現されるのが、手を洗った後の水を切るときの動作や、ドアノブを回すときの動作、と表現されますね。

詳しくは動画でご説明させていただきます。

ギターにおいての右手ストロークは単純で、この二つの肘関節の動きだけで成り立っております。

「あれっ?アカッチ手首の動きのことわすれてない?」

皆さんそうおっしゃると思いますが、なんとギターの右手ストロークにおいては手首関節は使わないのです。

正確にはニュートラルの状態から若干曲げた位置で固定したままになります。

よくみなさん手首を柔らかくとか、スナップを効かせてとかおっしゃいますが、あれはデタラメですので真に受けないでくださいね!

今回のレッスンでは、左手は使わず、右手だけに集中して行います。なので左手はネックの後ろにそっとそえておいてください。

では一緒に始めましょう!\(^o^)/

参考動画はこちら↓



すいません(´・Д・)」序盤にアカッチの愚痴が入っちゃいましたが、大体こんなかんじですね!

はじめはギターを持たずに、2種類の肘の動きを、一つずつに分けて練習してみましょう。

徐々になれてきたら、二種類のひじの動きを同時に行ってゆきます。

3歳にもなると、肘の曲げ伸ばしも、ドアノブを回す動作も、自然にできるようになっているとおもいます。

慣れれば簡単にできますので、変な癖がつく前にぜひ取り入れてください。

あっ!それとこちらも声に出して歌いながら練習しましょう。

じゃーん♫ じゃーん♫ てな感じで(^-^)/

それではまたお会いしましょう。 

バイバ~イ!アカッチでした。(^-^)/

基礎練習その2は
ここをクリック!

曲の練習は
ここをクリック!

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。