ギター 右手ストロークの真実!【手首なんて使わない?】

DSC_1139.jpg

こんにちはアカッチです。
本日は右手のストロークに的を絞ったお話になります。

この右手ストロークについて、あまりにも間違った認識をされている方がいますので、皆さんに物事の【本質】を理解していただくためにこの記事を書きました。

よく目にするのが、スムーズなストロークをするためには「手首を使え!という間違った表現です」
なのでアカッチはスムーズなストロークをするには「手首を固定しろ!と言います」

皆さん何をバカなことを言っているんだと思っているでしょう。こんなやつ話にならんと思っているでしょう。
「手首は柔らかくしてスナップを効かせるものなんだよ(♯`∧´)!アカッチのような素人は黙ってろ!」

ではアカッチは皆さんに質問いたします。右手ストロークにおいて手首はどのように使っていますか?

大半の人はこういいます
 
例① 「手を洗った後に手についた水を切る動作」

例② 「ドアノブを回す動作やカギを回す時の動作」

例③ 「体温計を振るときの動作」(最近は見かけなくなりましたね) (^-^)/

結論から言いますと、「これらの動作はすべて手首を使っていません」(・Д・)ノ
こちらの動画をご覧ください。

いかがでしょうか。みなさんが勘違いしている手首の動きとはこの「回内、回外と言われる肘関節の動きなんです」

しかしこの例①~③までの方法は右手ストロークの方法として間違っているわけではございません。全国のギター講師による表現の仕方が間違っているのです。(すべてのギター講師ではありません)
過去にも説明いたしましたが、ギターを演奏するということは、【運動する】【スポーツをする】ことと同じです!
脳で判断したことを筋肉に伝えて体を動かす。これは日常生活でも同じこと、すべて運動なんです
これは過去に運動生理学を研究したアカッチだから気づくことができたんです!(さりげなく自慢)( ̄^ ̄)ゞ

なのでもう少し自分の関節のどこがどう動いているのか?など深く掘り下げて考え直してみましょう!
間違った表現は誤解を生みます。
「手首を回せ」と説明を受けた初心者が、本当に手首を動かしてストローク練習してしまうかもしれないので。

最後にギター講師の皆様、アカッチのような下手くそが生意気いってすいませんでした。
どうしても真実をお伝えしたかっただけなので。(。-_-。)

全国の優しいギター講師の皆様アカッチ見かけてもいじめないでね。(´・_・`)

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(^O^)/
ここをクリック!
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。