大東市30ホールで娘のピアノ発表会。天空の城ラピュタより 【君をのせて】

今回は小学2年生になる娘の、年に一度開催される、ピアノ発表会の報告です。

場所は、大東市にある文化ホール、30ホール(サーティホール)で開催されました。

大ホール、小ホール、文化ホール、中央図書館、文化協会、その他さまざまなイベント等で使用されています。

今回は小ホールでの開催となります。

30ホールの詳細はこちら

この日の為に毎日毎日アカッチ、と一緒に練習をつづけてきました。

アカッチはピアノを弾けないので、口出しだけです。

アカッチ「コラオメー!リズムがめちゃくちゃやないか!」

「ひえーお父様、申し訳ございません」

アカッチ「あか~ん初めからやり直しや~。あと100回や~」

「ひえーお父様、お許しくださいませ~」

冗談はさておき、本当に練習嫌いな割によく頑張ったとおもいます。

今日の発表会失敗しないで最後までできるか?と聞くと、「大丈夫!」」と、はっきり答えてくれます。

どうも積み重ねてきた練習が自信になっているようです。

ここまで育てていただいた先生にも感謝です!

ここで一つ【アカッチ流ピアノ練習法】の秘密を暴露しちゃいます。

これはピアノに限らずあらゆる楽器にも言える事なんですが、毎回同じテンポで練習してもうまくならないんです。

上手くならない事はないんですが、時間がかかります。

どうせ同じ時間だけ練習するのです、少しでも効率の良い方法で練習しましょう。

申し訳ないんですが、具体的な練習方法は企業秘密なのでお教えすることはできません。

将来開校するであろう【アカッチギター教室】にてこっそり教えちゃいます。

ヒントは指と脳は神経でつながっていて、ギター演奏もピアノ演奏も【運動】いわば【スポーツ】であり、そのためにどうすればよいか?ということです。

なんの事だかよくわからないですよね。

アカッチ過去に運動生理学を研究していたので今になってその経験が生かされています。エッヘン( ̄^ ̄)ゞ

でもこの練習法知ってる人は結構多いと思います。

一部の才能のある人以外は壁を超えるためにどうしても必要になる時がありますので。

でもやはり自分で気づくまでに時間もかかりますし、やはり人から教わった方が上達も早いです。

ギターもピアノも【良い先生】(ここがポイント!)に習いましょう。

場所取りも完璧!毎回2時間前から並んでます。

DSC_1075.jpg


ここでアカッチから皆様にお願いです!

ピアノ発表会とは、基本クラシック音楽であります。

みなさん静かに座って見てください。

ロックやジャズとは違いますので、声援とかいらないです。

演奏前後の拍手だけで結構なので。

これを分かっていない馬鹿な親がたまにいますので!

普通に子供を立ち歩かせている奴とか、演奏中に普通におしゃべりしている奴とか!怒んでしまいに!(*`皿´*)ノ

わが子の演奏中に雑音が入ってしまったら、親御さんからすると、たまった物ではありませんので。

(大体これするやつって自分の子供が演奏せーへん部外者が多いねん!)

すいません、アカッチ発言が下品でして。(。-_-。)気分を害しておられる方がいれば申し訳ないです。

ちゃんとしている方が大半ですので。

さあいよいよ本番です!ノミの心臓アカッチは自分が演奏するわけでもないのに、緊張のあまり口から心臓が飛び出しそうです。

「たのむで~!練習の成果見せたってや(`o´)」」ここにきているご家族の方たちは皆同じ気持ちでしょうね。

今回全員で38名の参加者で、娘の演奏は4番目です。それではご覧ください。

天空の城ラピュタより 【君をのせて】



やっぱり練習は裏切りません!【感動(;_;)】どんなに緊張してても手が勝手に動くぐらい努力したんですから。

娘にも先生にも毎回ピアノ教室まで送り迎えしてくれる妻にも感謝です。

最後にみんなで記念撮影あ~だこ~だ言いながら配列を調整します。「長いねん!(つД`)ノ」

整ったところではいチーズ!(^∇^)

Point Blur_20180908_084718

みんなまた来年もここで会おうね~!

あれ?この写真を見てみなさん何かおかしいと思いませんか?

そうです!アカッチのブログなのにアカッチが移っていないんです。

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(^O^)/
ここをクリック!

↓に行かれる方自己責任で。閲覧注意!
















このブログの主役は俺様だ~!o(`ω´ )o
DSC_0875.jpg

‥‥‥‥すいません。出過ぎた真似を(。-_-。)
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。