ギター演奏による消費カロリー。ダイエット効果があるってご存知ですか。

concert-2391995__340.jpg

まいどっ!ギタリストのアカッチです。(・Д・)ノ

今回はギター演奏による、消費カロリーについてお話します。

一言に消費カロリーといいましても、元々その人が持っている基礎代謝というものがありますので、もちろん個人差があります。

そして演奏する内容によっても様々なのでただ単に、ギターを弾いて何キロカロリー消費します、とは言えないんです!

ではどのような演奏がカロリー消費が多いのか、その事についてお話していきます。♪(/・ω・)/ ♪

おそらく最も消費カロリーが多いのは、曲を覚える譜読みの段階でしょう。(´・Д・)」

この時脳は、慣れない動きに対応するため、フル回転します。

そして脳の活動の為、ブドウ糖を大量に消費します!

気が付いたら2㎏~3㎏体重が減っていたなんてこともザラにあります。(°_°)

これはみなさん同じような体験をされた方も多いのではないでしょうか。

非常に疲れますよね。(´・Д・)」

あとはライブでの演奏などは、緊張状態が続くので消費カロリーという観点からは大きいと思います。

しかし慣れた動作、もうマスターしてしまっている動きに対しては、ほとんどエネルギーを使う事はありません。

それは、ブドウ糖を大量に消費する、大脳をほとんど使って演奏していないからです。

慣れた動き、体で覚えた事、というものは小脳や線条体という部位で思考するため、エネルギー消費という観点では、省エネの部類になってしまいます!

よってギターでカロリー消費、もしくはダイエットしたいならば、糖質摂取後の血糖値が上昇したタイミングで、慣れない事、慣れない場面で演奏することが重要なポイントになるでしょう。♪(/・ω・)/ ♪



YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

アカッチのホームページはこちら!
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。

( ゚Д゚) SNSへGO!

検索フォーム