¥10000以下 激安ギターのデメリット!買ってはいけない理由を説明します。

まいどっ!ギタリストのアカッチです。(・Д・)ノ

最近購入した安くて有名なフォトジェニックのエレキギターですが、興味本位でどんなものなのか分解してみました。

20191110_092426[1]

すると普通の価格帯ではありえない(¥30000~のギター)事実が判明したので、みなさまに公開することを決意しました。

もちろんこの価格なので、各パーツのクオリティが低いのは覚悟していました。

しかし、ギターとして致命的な欠陥がありましたので、アカッチはこの商品をギターと呼ぶことをやめました。(´・Д・)」

この商品を購入する前にいろんなことを覚悟していました。

・金属パーツのメッキが悪くすぐサビる。

・ピックアップの音がこもる。

・ネックの反りやねじれ。

・フレット端の処理の悪さ(かえりなど)

・木材加工精度の粗さ

どれもこれも見事に当てはまっておりましたが、一つだけ予想外の事実が判明してしまいました。

それは、約半数のビスが効いていない(空回り)状態だったのです!(゚д゚)

よくこの手の商品はチューニングが合わないと言われておりますが、さすがにそんなことはないと思っておりました。

なぜなら弦のテンションさえ合わせれば、「理論上チューニングは合うはず」だからです。

それでも合わない理由が「ペグを止めるビスが空回りしていたのが原因」という事が判明しました!(°_°)

これは加工精度を語る以前の問題でそのギターの機能自体が果たせていないという事であります。

というわけでこのギターではない木材と金属パーツの塊を廃棄処分(`∀´)・・・・・・ではなく、往生際の悪いアカッチはそれでも再生してやろうと、別の手段を模索中であります。

大きな声では言えませんが、ボディとネックの接合部のねじも、1カ所空回りしておりました。

「待ってろよ!ちゃんとギターにしてやるからな」♪(o・ω・)ノ))



YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

アカッチのホームページはこちら!
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。

( ゚Д゚) SNSへGO!

検索フォーム