中古で買ったフォトジェニック製「ジャンクギター改造計画」 #3 ローズウッドのネック塗装とボディ切削編

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

今回はローズウッドのネック塗装とボディの切削を行いたいと思います。

まずはこちらの動画をご覧ください⇓

ボディの切削といいましてもネックとボディの接合部の事ですね。

ここがボコボコだったんで家庭用フライス盤にてきれいに面出ししました。

20191110_184225[1]

「開けてビックリ分解編」ではネックを外したところ、なんとこのような紙でできたスペーサーが出てきました。

おそらくこれが無いとネックが明後日の方向を向いていたのでしょう。(´・Д・)」

20191108_201922[1]

こちらは塗装済みのローズウッドネックです。(・Д・)ノ

指板のみマスキングしてネックのサイドはローズウッドの部分ごとクリア塗装してしまいました。

途中でラインに合わせてマスキングしようかとも考えましたが、ここに塗料の段差が付くと弾きにくくなるだろうと思ったからであります。

20191123_073300[1]

これでやっとこさ合格品です!( ̄^ ̄)ゞ

20191110_184435[1]

ボディの塗装は気に入っているので残す予定。

コンパウンドでピカピカに磨いて新品の輝きを取り戻します!

20191110_092426[1]

まだまだ序盤、頑張れアカッチ!



YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

アカッチのホームページはこちら!
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。

( ゚Д゚) SNSへGO!

検索フォーム