ギターを弾くと頭がよくなる!楽器演奏が脳にもたらす効果とは

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

ギターを弾くと頭がよくなるのか。

子供のころから「指をたくさん動かすと賢くなるよ」、という事はよく言われた記憶があります。

では、複雑な指の動きを必要とするギター演奏は、少なからず脳の発達に良い影響を与えているのではないでしょうか。

みなさん気になるところですね。(^-^)/

調べてみた所、ギター演奏に限らず、ピアノや、サックスなどの指を使う楽器全般に、脳に関するあらゆるメリットが発見されたので、ご紹介いたします!

《音楽と脳》


professor-435106__340.jpg

まずは指を使ったギター演奏を考える前に、音楽を聴くことによって脳にどのような影響が出るのかを理解してみましょう。

音楽鑑賞とは「耳から入った情報を脳が判断する」という事に尽きます。

音楽鑑賞というものは耳だけでなくメインは脳内で行われております。

そして音楽を聴くという情報処理はどこか特定の脳部位だけを使って判断しているわけではなく、「脳の全体で行われている」という事です。

つまり、音程を判断する場所はここで、リズムを判断する場所はこのあたり、といったような感じです。

各パートごとに与えられた役割があるって、なんかバンド演奏みたいですね。(^-^)/

脳全体が活発に活動する音楽には、脳の発達に様々な良い影響が期待されます。

実際、音楽レッスンを受けた子供たちによるIQテストの結果は、レッスンを受けていないグループよりもIQが高かったという結果が出ています!

《ギターが脳にもたらす影響》


e67c1dca344ef31a50a85184eb43b723_t.jpeg

今度はギター(楽器演奏)が脳にもたらす影響について。

音楽鑑賞とは基本脳内へのインプット(入力)であります。

そこには様々な音楽に関するデータ(記憶情報)が蓄積されており、その記憶は脳内の色んな場所に保管されております。

みなさんここで何かお気づきになられましたでしょうか。

そうです、脳とはインターネット(検索エンジン)のしくみとよく似ています。

インターネット上には世界中から膨大な情報が集められており、その中から皆さんが検索して自身の生活なり仕事などに役立てています。

ギター演奏というものは脳内にあらゆる場所(サイト)から演奏に必要な情報を検索し、各関節、筋肉を動作させる。

このような事が行われています。

言葉で言うのは簡単ですが、これは非常に高度な事であり、曲のスピードに合わせて、しかも左右の手で別々の動きをしないといけないので、その時の脳内は正にパニック状態とも言えます。(゚д゚)

さらには「音楽を聴くための脳」と「手を動かすための脳」は別の位置にあり、それぞれが並行して働く必要があります。

そして手を動かすための神経細胞ですが、右脳が左手を担当し、左脳が右手を担当しており、手の動きをつかさどる脳部位は交差した状態にあります。

なんかわけのわからない事になってきましたが、難しい話はこの辺にしておきます。(´・Д・)」

要するに言いたいことは、ギターを演奏することにより、「左脳と右脳、両方の脳が高度に活動する」という事であります。

そしてギターなどの楽器演奏をすることにより、脳の神経細胞が増え、「運動能力、認知機能、記憶力、IQ」などが向上することが分かっています!

パソコンで言うところのCPUの性能がグレードアップするのと同じですね。(・Д・)ノ

《大人でも脳の神経細胞は増える》


46283542c3cef4a95d0de413e0084087_t.jpeg

脳の神経細胞は幼少期に一気に増え、そこからは増える事無く一定を保ち、年齢を重ねるうちに徐々に減少していくという事が、これまでの常識でありました。

しかし大人になってからの脳も神経細胞が増えるという事が分かってきました!

これを神経の新生といわれており、今までの常識を覆す新しい発見でもありました。                                                                                                         「ピアノなどの楽器演奏は幼少期からやっておくべし」(´・Д・)」

昔から言い続けれれてきたことも今では、

「大人になってから楽器演奏を始めるのは脳にとって非常に良い事」

このように、言われるようになってきました。(^-^)/

大人になってからでも脳の機能はいくらでも向上する、なんて夢のある話ではありませんか。

特におすすめしたいのが高齢者の方、もしくは学習することをやめてしまったサラリーマンの方達です。

脳機能は使わずにいるといくらでもその機能は退化します。

骨折などギブスで長期間固定した足の動きが悪くなる事などは、筋力の低下だけでなく、この部位を動かす脳の神経細胞が使われていないことが原因ともいわれております!

高齢者の運動機能、認知機能の低下も同じことがいえますね。

脳は使えば使うほど神経細胞が増え、その機能は年齢に関係なく向上します!                              

そして脳全体が活発に、しかも高度に活動するギターやピアノなどの楽器演奏は、脳の機能向上に素晴らしい効果が期待されることでしょう。                                                                       

                                                                             
YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

アカッチのホームページはこちら!
【ここをクリック】

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。