高級ハイエンドギターと中国製格安ギターの違い。

DSC_0810.jpg

こんにちはアカッチです。

前回はネックの反らない良質な木材を使用し、細部の仕上げにも徹底的にこだわった、

いわゆる【ハイエンドギター】というものについての説明をいたしました。

日本やアメリカの工場で【高精度ののNCマシン】で加工され【熟練した職人の手仕上げ】で製作された30万円以上とかする「腹立つ価格」のギターですが、一方で1万円前後とかで売っている安物ギターもあります。

こちらの方のギターは完全に「おもちゃ程度」と考えていただいてよろしいかと思います。

なぜならば、この価格帯のギターは中国とかの工場でギター製作の知識がほとんどなく、経験の浅いそこら辺の(なぜか基本若い)「にーちゃんねーちゃん」(なぜか結構ねーちゃんが多かったりする)が作っているんです。

そして使っている加工機は日本製でも中古であったり、その機械の加工者もやはりその「にーちゃんねーちゃん」なんです。

機械加工であっても職人が扱うのと素人が扱うのとでは「結果に大きな差が出ます!」

日本の職人さんが言っていたのでまちがいはないでしょう。

結果やはり弾きごごちは悪く音も悪い(音は人の好みなので何ともいえませんが、音のクリアさや音抜けの良さは全然違います)

さらにはネックは反るし、不良品が多いらしい!実はアカッチ一本持ってます。(子供用のミニギターです)

さあどうしよう貧乏アカッチ。

ハイエンドギターはあきらめるか?それとも10万円台の中途半端な価格のギターで勝負をかけるのか?(それでも特に問題はないとおもいますが)

アカッチやはり【ハイエンドギター】をあきらめきれません。

なんとか10万円台で手に入らないものだろうか?

アカッチはしつこく探しました。前にも話したようにアカッチはしつこいのです。

そしてネバーギブアップのアカッチはついに見つけてしまったのです。

その5へ続く!

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。