ギターのチューニングが合わないとお悩みの方へ 「マイチューニング」のススメ!

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

ギターのチューニングが上手く合わないとお悩みの方が多いと聞きます。

まだギターを始めたばかりの初心者の方であればそんなに気にすることも無いと思いますが、長年ギターを弾いていると、細かいピッチの違いに気づくことが出てきます。

チューナーを使って完璧に調整したはずなのにどうして?

実はそれ、考えてみれば当たり前の事なんですよ。(´・Д・)」

一般的なチューニングは開放弦で行いますが、実際の演奏はフレットを押さえるという動作が加わります。

その時、弦とフレットには弦高分の距離があります。

フレットを押さえるとその距離分弦は引っ張られる状態になり、実質チョーキングした時と同じような状況を作り出してしまっているのであります!

「そのためにオクターブチューニングで補正しているのでは?」

確かにその通りなんですが、ギターという楽器の構造上、開放弦側ではナットの高さやピッキングの強弱に影響を受けやすくなり、12F以上の高音域では先ほど言った弦高によるチョーキング効果が多く出る傾向にあります!

ピッキングの強弱に影響が出るのは主に低音弦5.6弦ですね。

チューナーで確認すると強いピッキングであればあるほど音程がシャープしていまい、徐々にフラットしていく様子がうかがえます。

ローフレットでのコード演奏がメインであれば開放弦の音程とフレットを押さえた弦の音程が若干狂う場合があります。

言いたいことは自身の演奏スタイルに合わせた「マイチューニング」を確立しておくという事が、気持ちよくギターを弾くために必要だという事!

photo-1526045566106-788438d25353.jpg

メタルリフがシャープしまくったまま、「なんかおかしいな」と思いながら演奏するのも気持ちよくないですよね。

そんな時は少しだけ5.6弦をフラットさせてチューニングすればいいんです!

コード演奏であっても同じことです。

Aのオープンコードを弾いたとき、なんかおかしいと思ったら、Aコードを押さえたままチューナーで音程を確認してみるといいでしょう。

ここでも自身の押さえ方のくせやピッキングのニュアンスに合わせたマイチューニングを施すことができます。

あまりに極端な事をすると開放弦での響きに悪影響を及ぼしかねませんのであくまで自分が気持ちいいと思える範囲で調整してみてください!

きれいな音、カッコイイ音を出すギタリストは必ず独自の調整法を身につけていますよ。(・Д・)ノ





YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

アカッチのホームページはこちら!
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。