フジゲンギターの安いモデル Boundary ODYSSEY 

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

つい先日立ち寄った楽器屋さんで何気なくギターを眺めていると、アカッチ愛用でおなじみのフジゲンのギターが並べられていました。

アカッチ愛用のメインギターはこちら!

でも何か様子が違うな。(´・Д・)」

よく見ると細部の作りが少し雑だったんです。

フジゲンのギターまでもが品質低下してしまったの?

アカッチの目は騙されません。

ついにフジゲンまでもがmade inJapanの誇りを失ってしまったのか!(。>ω<。)ノ

しかし値札に目をやるとアラびっくり!

なんと5万円台ではありませんか。(゚д゚)

知らぬ間にフジゲンさんが廉価盤の新製品を作っていたんです。


これまで安いモデルのギターはOEMでしか製作してこなかったフジゲンさんですが、ついに自社ブランドの製作に踏み切ったんですね。

まあ価格が価格なんで細かいすり合わせ作業や、各部品の精度や品質にお金をかけられないと言ったところでしょう。(・Д・)ノ

それだけ世の中に安いギターが求められているという事なんでしょうね。(・Д・)ノ

これで一安心、フジゲンの職人さんたちの腕が鈍ってしまったわけではなかったんですから。( ̄^ ̄)ゞ

このモデルは「Boundary ODYSSEY」といいまして、なんとこの価格帯でフジゲンギターにしかないサークルフレッティングシステム(弦とフレットの角度を90度にできる)を採用。

エレキギターが抱える開放弦でチューニングを合わせても実際に演奏すると音程が狂ってしまうという問題を解決しています。



ついにこの価格でフジゲンのギターまでも手に入るようになってしまったか。(´・Д・)」

近年安いモデルのギターはほぼすべて海外で作られている中、満を持してフジゲンさんがこの価格帯に勝負を挑みました。

made inJapanの逆襲に乞うご期待!

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。

( ゚Д゚) SNSへGO!

検索フォーム