3ヶ月で入れ替わる人体の細胞と演奏技術の関係。

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

今回は「細胞の入れ替わる周期」と演奏技術の関係性にフォーカスをあててお話していこうかと思います。

human-skeleton-163715__340.jpg

身体には新陳代謝というものがあり、ウィキペディアによると。(・Д・)ノ

・「細胞の新陳代謝」の周期は部位によって異なる。

・胃腸の細胞は約5日周期

・心臓は約22日周期

・肌の細胞は約28日周期

・筋肉や肝臓などは約2ヶ月間の周期

・骨の細胞は約3ヶ月周期

・細胞の新陳代謝が正常であれば身体は3ヶ月で新しく生まれ変わる。

とされております。

すなわちギター演奏における身体的な技術向上は3ヶ月あれば、改善の余地があるという事ですね。(^-^)/

ギター演奏というものは指を使います!

この指を独立して動かすという事は脳からの神経伝達でほとんど支配されています。
brain-3168269__340.png

しかし中にはいくら脳の神経伝達が上手くいっている人でも「上手にギターが弾けない」と悩む方も大勢います。

これは身体的な要素からの問題である事が原因として考えられます。

・特定のジャンルから抜け出すために、演奏スタイルを変えた時。

・買い替えたギターが今の自分の弾き方に合わなかったとき。(ネックの長さや太さが変わるなど)

・単純に今まで以上の難易度の曲に挑戦した時など。

これらはすべて身体的な要素が絡むので、すぐに適応できるばあいもありますが。

長くて3ヶ月の期間がかかるというものです。

people-2943109__340.jpg

逆に考えれば3ヶ月頑張って練習しても一向に改善しない場合は。

身体的要素以外の事が原因になっているか、もしくは根本的に練習方法が間違っているかのどちらかであります!

「身体的な要素」と「脳からの神経伝達」この二つを分けて考えることで新たな技術向上のためのヒントが隠されているのではないでしょうか。(・Д・)ノ



YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。

( ゚Д゚) SNSへGO!

検索フォーム