「楽器屋さんがオワコンです!」後編。 強みを生かし商品ではなくサービスを売れ!

まいどアカッチです。

今回は集客に悩む楽器屋さんがどうすれば以前の様な賑わいを取り戻すことができるのか。

それについて考えていこうかと思います。



楽器店に人が集まらなくなった理由につきましては前回の記事をご参照ください。

「楽器屋さんがオワコンです!」前編 ネット通販には勝てないですよ!

これだけネット通販で物を買うという事が一般化してしまった以上、これまでと同じ集客をしていては悪化の一途をたどってしまうだけであります。(´・Д・)」

この流れは以前にも同じようなことがあったのを思い出します!

そう、それはガソリンスタンドのセルフ化により、従来の対人式のスタンドがドンドン潰れてしまった現象です!

ガソリンを入れるだけの目的であればセルフスタンドの方が安いので当然客足はそちらの方に流れてゆきました。

でもその中でも、従来の対人式のスタンドでも以前と変わらない売り上げの店舗がありました。

そのお店はガソリンで売り上げを上げる方式ではなく、その他のサービスを充実させることにより、これまでと変わらない集客を可能としておりました!

ガソリンではなくサービスを売る!

正にGS(ガソリンスタンド)⇒SS(サービスステーション)への転身が求められた時代でもありました。

現代では給油はセルフでその他サービスは対人というお店が一般化されてきましたよね。(^-^)/

これでもう答えは出たのではないでしょうか。(・Д・)ノ

「そう。無人レジですよ!」( ̄^ ̄)ゞ

これからの時代無人レジは必ず一般化されてゆくことでしょう。

これにより人件費は大幅にカットすることができ、ネット通販との価格競争が可能になります。

でもそれだけでは足りません、本題はここからです!

残された店員さんは何をすればよいのか?

ただ空いた時間をぼーっと過ごすのではなく、「積極的にサービスを売る」という事をしなくてはいけませんね。(^∇^)ノ

・SNS、ブログ、YouTubeなどでのイベント情報の拡散。

・同じく新商品入荷のお知らせ。

・定期的(毎日でもOK)な実演販売!

・地域密着型であればチラシの配布などもまだまだ効果的。

・販売した楽器や機材の積極的な定期点検。

・楽器の調整や改造などの勉強会を無料で提供してみるなど。

まだまだ無限にアイデアはありますが、要するにネット通販に勝つ方法は。

「人にしかできない事を探す!」( ̄^ ̄)ゞ

これに尽きるという事です。

客待ちスタイルはネット通販の得意技。

人にしかできない事を積極的にやり続けることにより、そのお店や店員にファンが付きます!

今までは放っておいてもそれが可能だったのですが、周りを見渡してみてください。

いかがでしょう、みんないなくなったのでは?(´・Д・)」

新時代の楽器店のあり方は正に今変わろうとしています。

楽器屋さんに以前のような賑わいを取り戻し、またみんなでワイワイ盛り上がる日が来ることを願います。o(^▽^)o

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。