正に気分はクリエイター。DIYで超特大デスク自作してみた。

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

以前から気になっていたPCデスク周りの狭さ。

あまりの狭さに長い間購入を検討していたんですが、思うようなサイズの物がなく、なかなか購入に踏み切れませんでした。

でもよ~く考えてみると。

そうです!世の中になければ作ればいいんですよ。(^-^)/

最近あまりの忙しさに「made inアカッチ」の存在を忘れていました。



(・Д・)ノさっそくホームセンターへ行って材料の買い出し。
  
20190907_084910[1]

アカッチの工作室も久々ですね。

ここから数々の名作が生まれた伝説の工房であります。( ̄^ ̄)ゞ

能書きはこれくらいにして作業に取り掛かりましょう。

PCデスクを撤去して更地になったスペースに次々と棚板を取り付けていきます。

20190907_084346[1]

どうせ作るならでかい方がいい、「大は小を兼ねる」という強引な持論からドンドン発想がエスカレートしていきます!

大体の大きさが決まったら丸ノコで天板をカットしていきます。

今回使用した材料はOSB合板です。

アカッチの音楽室もこの材料で自作しました、なんと二重壁、二重扉の防音仕様です。

これだけでもなかなかおしゃれなデザインで、塗装やクロスを張る手間が無く超便利な材料で大変重宝しております。

20190907_094255[1]

角の鋭利な部分はペーパーサンダーを使って面取り!

あっという間に切り出し作業を終えました。

20190907_094849[1]

なんとアカッチ、ギターよりこっちのほうが才能あるんです。♪(/・ω・)/ ♪

ギターは凡才でDIYは天才!

お母ちゃん何で反対に生んでくれなかったの。(つД`)ノ

棚板に天板をのせていき補強のための材料もつけていきます。

この補強の位置も考えて入れないとしっかりと役割を果たしてくれないので結構難しいんですよ!

20190907_103920[1]

(・Д・)ノ裏から見るとこんな感じ。

天板の奥は配線を通すために30mm程度の隙間を開けておきます。

天才職人アカッチに抜かりはありません。

20190907_121453[1]

というわけであっという間に完成。

以前のデスクでは天板からスピーカーがはみ出していましたからね。

それではいよいよ公開です!

ビフォー(。>ω<。)ノ

20190907_071636[1]

アフター!\(^o^)/

20190907_130421[1]

まあ。何とゆう事でしょう!o(^▽^)o

以前までの窮屈なデスク周りが一変。

匠の手により部屋の隅から隅まで広がる大型デスクに変貌したではありませんか!

あまりの広さ故、全体が写しきれませんでした。

サイズは奥行き800mm幅はなんと2470mmというとてつもない机が誕生しました。

しかもたったの5000円で。(゚д゚)

これでギターの調整も余裕です。

無駄に広いんで足元に置くはずのエフェクターも卓上に引っ越しです。

これで机の狭さに一生悩まされることはないでしょう。

あとは心置きなくギタリストとして一生悩み続けるのみであります。

人生ってなんでこんなに楽しいんだろう。

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ 

関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。