小ネタ!フレットラップの上手な使い方。

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

今回はフレットラップを上手く使えないという方に朗報です!



フレットラップを購入したのはいいですが、思ったようにミュートできていないという方が多いのではないかと思います。

それもそのはず。(´・Д・)」

このフレットラップというものは各ギターにおいて専用設計されていないのだから当然の事ともいえるでしょう。

ギターというものは、指板にも、ネックの裏側にもアールがついており、それは各ギターによってまちまちなんです。

もちろんネックの太さも色んなサイズの物が存在します。

このフレットラップというものはそのネックにただ巻き付けるだけの物なので指板に沿ってピッタリに収まるはずはありません。

そこでフレットラップを良ーく見てみると?

20190824_091923[1]

おやっ?弦に触れるパッドの部分ですが中心部分が分厚く、その両端に若干くぼんでいる部分があります。

スケールで測ってみると大体35mmくらいの感覚ですかね。(・Д・)ノ

20190824_092025[1]

この感覚は大体ギターの1弦と6弦の感覚と同じくらいです。

20190824_092047[1]

みなさんもうお分かりでしょう。(^-^)/

フレットラップとはその巻き付けて使うという性質上、1弦と6弦だけ強く押さえすぎてしまう傾向があります。

このくぼみはその対策としてメーカーさんが意図的に細工したものであります!

なのできっちりこのくぼみに1弦と6弦がピッタリはまるように取り付けないといけないんです!

こんな感じです。(・Д・)ノ

20190824_093522[1]

これがこんな風にずれて取り付けてしまうと。

20190824_093451[1]

うるせ~ノイズだらけの酷い音になってしまうわけであります。(。>ω<。)ノ

もちろんサイズ選びも重要です!

アカッチが実際に使っているのはこれ。




アカッチのギターではSサイズが最適なようです。

一般的な6弦ギターであればほぼこのサイズで大丈夫だと思います!

お手持ちのギターの弦間ピッチにより最適なサイズをお選びください。

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。