フジゲン純正ピックアップについて EHO-V5は歪まないです!

まいどアカッチです(・Д・)ノ

フジゲンのギターに純正で搭載されているピックアップですが、結局その良さも分からないまま、セイモアダンカン製のピックアップに交換してしまいました。

EHO-V5という形式のピックアップですがあまりのパワーの無さに苦労させられた経験があります。

フジゲンさんの説明によると(´・Д・)」

《EH-V5 シリーズ (EHO-V5、EHO-V5)》


DSC_0810.jpg

Expert OS に搭載されているピックアップ(ハムバッカー)。フジゲンがExpertシリーズ用に新たに開発した、オリジナルピックアップです。

ハウリング対策としてのワックス含侵、ワイヤーリング等、細部まで徹底した丁寧な作りになっています。MADE IN JAPAN。

音のレンジが広く、高サスティーンタイプ。全ての音域でバランスが良く、ナチュラルでクリアな音色が特長です。

※ピックアップ単体での販売は致しておりません。

この説明では何もわからんのですよ。(`o´)

アカッチのようなピックアップ素人からしてみれば、

歪むんか、歪まんのか?

どのジャンルに適しているのか

このような分かりやすい説明が欲しかったですね。(´・Д・)」

音のレンジが広く、高サスティーンタイプ。と書いてありますが、

何と比べてやねん!

すべての音域でバランスが良く、ナチュラルでクリアな音色が特徴、と書いてありますが、

わかりにくいわ!

というわけでフジゲンEOSを購入して1年間使用したアカッチの分かりやすい比較を説明しますのでピックアップ素人の方はどうぞご参考に!( ̄^ ̄)ゞ

比較対象は交換用ピックアップの代名詞といわれるSEYMOUR DUNCAN(セイモアダンカン)

中でも鉄板といわれる「SH-4 JB」との比較です。

《「EHO-V5」VS「SH-4」 JB》


フジゲン純正 「EHO-V5」
20190512_052049.jpg

セイモアダンカン製 「SH-4 JB」
20190514_054839.jpg

ではアカッチの分かりやすすぎる説明を始めますが、これはピックアップ素人の方に向けた内容です。

細かいニュアンスやスペック、材質などの違いが分かる知的な方々はどうぞスルーしてください!

●まずはパワー対決


ピックアップに求められる性能で第1に挙げられるのがなんといってもパワーですよね。

これは圧倒的な差で断然「SH-4 JB」の勝利です。

大体1.5倍ぐらいの違いを体感できました。

要するにSH-4の方が歪むんです!( ̄^ ̄)ゞ

これでSH-4の方がロック向けだという事が分かりました。

歪みすぎるのが嫌だったらピックアップの高さを下げればなんぼでも対処できます。

●サスティーン対決


こちらも圧倒的でした!

歪み量に関係なくSH-4のサスティーンは伸び続けます!ビブラートかければ永遠に続けることも可能。

一方EHO-V5の方はなんかもうちょっと粘れよって言いたくなるほど。

高サスティーンが売りではなかったのか?

高サスティーンと音の伸びはまた別の意味であったのか?

やはりわかりにくい。

最後に音質の違いについて


音質に関しては個人の好みによるものが大きいため一概にどちらがいいとは言えませんが、40年間生きてきて散々いろんなギターの音を聞き続けてきたアカッチの耳にはSH-4の音の方が心地よく聞こえました。

音の粘りといい、強い中域といい「まさにロックやってるぜ」感が100%伝わってくるような素晴らしいサウンドです!

でも一つだけEHO-V5が優れている点があるんです!

それはクランチ(歪み量の少ない状態)で弾いた時の各弦の音の分離がはっきりしているという点です!

これは元々音の太いSH-4では再現できないEHO-V5特有の性質でしょう。

実際かなりきれいに分離します。

この気持ちよさに魅せられた方はEHO-V5から抜け出せないのかもしれませんね。(^-^)/

《結論》


20190512_051925.jpg

今回はピックアップ対決という事でしたが、やはりピックアップ専門で作っているセイモアダンカンは強かったです。

でもフジゲンさんはピックアップメーカーではなくギターメーカーです。

ギター本体の製作に関しては文句の付けようがないくらい素晴らしいものを作ってくれます!

なのでフジゲンギターにセイモアダンカンピックアップの組み合わせ、というのが今のアカッチのお勧めです。

それでは今日はこの辺で。

アカッチのお話がみなさまのお役に立てれば幸いです。

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。