ピックが弦に引っ掛かる方はコーティング弦を使ってみては?

まいどアカッチです。

速弾きなどの高速ピッキングでピックが弦に引っ掛かってしまう現象がなかなか改善しない方がおられるようでしたら、一度コーティング弦の使用を検討してみてはいかがでしょうか?

guitar-strings-3819321__340.jpg

ここしばらくは超寿命で有名な「エリクサー」のコーティング弦を使っていますが、使い始めた当初に感じたことはピックが弦を通過するときの感覚が普通の弦に比べて滑らかに感じました。

要するにピックが弦に引っ掛かりにくいという事なんです!

結局はどんな弦でも引っ掛からないようになるのがベストですが、コーティング弦を使用することにで、より早くその感覚が身に付けられるという事なんです。

そのほかにもコーティング弦には意外なメリットがあります。

《コーティング弦のメリット》


c3bcf1f85653a2e2f62439031acae99e_t.jpeg

〇フレット移動するときの指と弦とのこすれるノイズが少なくなる

〇さびにくいためフレットそのものを痛める(傷つける)可能性が少ない

〇ナットとの摩擦抵抗が少ないためチューニングが狂いにくい(これはうれしい副作用)(・Д・)ノ

〇新品の弦の音が長期間維持することができる

さすが値段が高いだけありますが、もちろんデメリットもありますよ!

《コーティング弦のデメリット》


be72b824b0532e70920485dca971c5e6_t.jpeg

●フィンガリングノイズが少ない分ピックスクラッチがやりにくい

●やはり音質は少しおとなし目、これに関しては個人差ですが

●錆による音質劣化が少ないため、弦交換した時の感動が少ない(むしろこれはメリットかも)(^-^)/

●意外な事実!何とチョーキングがやりにくい(´・Д・)」

チョーキングがやりにくいというのはみなさん意外と知らない方も多かったのでは?

やはりピックの滑りがいい分指も滑りやすいわけでチョーキングにより持ち上げた弦が指から弦が滑り落ちそうになることが多々あります。

そのせいでよけいに指を押し付ける力が必要なわけで非常に神経を使います!(´・Д・)」

まあどんなものでも一長一短あるものですよ。

ピッキングを取るかチョーキングを取るか、はたまたその他のメリットデメリットで選ぶのかは個人の自由です。(・Д・)ノ

でも使ったことがないという方は一度経験される事をお勧めします。

新たな発見がありましたら是非アカッチにも教えてくださいね。(^-^)/


YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。