ブログでギターが上手くなる!練習時間と上達速度は比例しない理由を語る。

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

ブログを開始してからもうすぐ1年。

最近では定期的に読んでくれている方も定着してきているようで、非常にうれしく思っています。(^-^)/

ギター歴はもうすぐ3年になりますが、ここで思いもよらない事実が判明しました。(´・Д・)」

なんとギターを始めてからの2年間よりもブログを開始した3年目の方が格段に上達していたんです!

この事実に気づいたときはかなり驚きました。(゚д゚)

なぜならブログを開始してから途中の3ヶ月間は腱鞘炎治療のため全くギターを弾いていなかった上、ブログやYouTubeの製作により、ギターの練習時間はかなり減っていたからであります。(・Д・)ノ

これはこれでうれしいことなんですが、どうしてこのような現象が起きてしまったのでしょうか?

さっそくいつもの検証に入っていこうかと思います。


《ギター上達と練習時間は比例しない》


guitar-2955378__340.jpg

これはどういうことかといいますと、何も考えないで漠然と3時間練習するよりも、練習内容を練りに練って集中して1時間練習した方が速く上達できるという理論です。

ただやみくもに弾くだけの練習ではやはり限界がありますし、人間ですから練習に飽きてくるという事もあるでしょう。

それよりも今自分に必要な練習は何なのか、苦手な運指の克服法を考えたうえで練習メニューを組み、なるべく短時間でそのメニューをこなすための工夫をする事。

「まだ練習始めてから1時間しか経っていないのか~」(´・Д・)」

「あと2時間も練習するのだるいな~」(。>ω<。)ノ

と思うよりも

「1時間練習したけどもう少し弾いていたいな」(*^_^*)

これくらいの気持ちで練習を終えた方が、翌日のモチベーションにもよい影響が出るのかもしれませんね。(^-^)/

《無意味な長時間練習とは》


photo-1552297182-ce739805557c.jpg

ギターを始めてからの2年間はぶっちゃけかなりの練習時間でした。

朝起きて1時間半の練習に仕事が終わって家に帰ってからも1時間半練習していました。

仕事の無い土、日なんかは10時間くらいひたすら弾いてましたね。(´・Д・)」

その結果、たいして上手くならなかった上に腱鞘炎まで発症して一時はギターが弾けなくなるほど痛みの強い時期がありました!

今年で40歳になるので年齢的なものもあると思いますが、やはり無意味な長時間練習を行った結果だったと今では感じています。

常に腕は疲労状態にありましたし、そのような状態で100%の質の良い練習ができるはずもありません。

ただひたすら質の悪い練習を何時間も毎日行っていたのですが、当の本人はそんなことには全く気づいておりませんでした。

ギターが上達しないのは練習が足りないからだ!(`o´) と、本気でおもっていました。

完全に負のスパイラルに陥ってますよね。

《ブログを始めた結果思わぬ変化が!》


wordpress-923188__340.jpg

腱鞘炎を発症してギターが弾けなくなり、一度見切りをつけようとブログを開始したのがちょうど1年前でした。

腱鞘炎治療日記もついでに企画として行いました。

アカッチの腱鞘炎治療日記!

そしてこのブログというものがなかなか侮れないものでありまして、なんとブログを始めてからの1年間の方がそれまでの2年間よりもギターが上達してしまったんです!

参考までにブログを開始してからのアカッチの練習時間は一日平均1時間程度にまで減少!

しかも途中の3ヶ月間は腱鞘炎治療のため全くギターに触れることがありませんでした。

おかげさまでブログを開始してからギター演奏に関する知識が飛躍的に向上しました。

スポーツとギターを掛け合わせた独自の理論を追及し、手の構造や関節の動き、さらにギター演奏に最適な自然な体の使い方などありとあらゆる研究を重ね、自分自身に検証と改善という人体実験を常に繰り返し行いました。

その結果ギターを始めた当初からの夢でもあった「カノンロック」を弾けるようにもなり、今では更なる高みへと挑戦を続けております!

ここまで到達するのに3年間かかりましたが、結局はあきらめずに前を向いて進み続けたおかげで一つの結果を出すことにつながったのだと思います。


《まとめ!》


これまでの3年間を振り返って感じた事。

●何も考えずただひたすらやり続ける長時間練習は無駄以外の何物でもないという事!

●疲労が蓄積した状態では質の高い練習はできない。

●質の高い練習を行うためには体の状態を常に100%に近づける努力が必要。

●練習プランを練りに練る事、そのうえで検証と改善を常に繰り返す努力が大切。

●ギター演奏とスポーツは同じ!脳からの指令を神経を介して各筋肉を的確に収縮させること、運動生理学とギター演奏は切っても切れない関係にあります。

これからまだまだ新しいことにも挑戦していくつもりなのでより一層の応援をよろしくお願いします。(^-^)/

アカッチのお話が参考になれば幸いです。

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。