身長の違いで選ぶギターが変わる?サイズ別で考えるギター選び!

music-799257__340.jpg

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

元々エレキギターというものはどのようなコンセプトで製作されたのでしょうか。

世の中にたくさんのエレキギターがあふれかえっておりますが、どれもこれも同じような大きさに見えて色々なサイズのものがあります。

そこで今日は各サイズのギターにあった理想的な体形について独断と偏見で勝手に考えてみたいと思います。( ̄^ ̄)ゞ

何か基準みたいなものがあればそれを基にギター選びの参考になるかとおもいますので。

《ストラトキャスターにあう理想体型》


少し日本人には大きめとも思えるフェンダーに代表されるストラトキャスターですが、これを最も弾きやすいとされる体格はやはり身長175cmくらいはあった方がよいかと思います。

身長170cmのアカッチには少し大きいと感じますね。(´・Д・)」

もう少しネック(スケール)が短ければ。(。>ω<。)ノ

あくまで個人的な意見です。

身長が低くても手や指が長い方もいますし、やっぱり好きなギターを弾くのが一番ですから。(^∇^)ノ

《レスポールに合う理想体型》


こちらはストラトキャスターにくらべややネックが短めです。

大体身長165cmもあれば十分弾きやすいです。(・Д・)ノ

しかしこのギターなんとストラトキャスターにくらべて重たいんです。(。>ω<。)ノ

一般的に600gくらい重たいようですね。(平均重量4㎏ぐらい)

なのでこれは力の弱い女性や高齢者の方にはあまりお勧めしません。(´・Д・)」

身長165cmでも70㎏ぐらいあるガッチリした体形が理想的!

しかし中には筋肉ムキムキの女性や高齢者の方もいるようなので一概には言えませんし、やっぱり好きなギターを弾くのが一番です!

《ジャガーやムスタングに合う理想体型》


いわゆるショートスケールといわれるギターですね。

こちらは先ほどのレスポールよりもさらにスケールが短くしかも軽いため女性や高齢者の方などには特におすすめです。(^∇^)ノ

しかしこちらの機種は演奏スタイルやジャンルが限られていたり、ギターとしての完成度という点ではやはりストラトキャスターやレスポールなどのメーカーが誇る代表機種には及ばないようです。

でもだからこそいい意味での個性がありますし、人と違うものを持ちたいという方などがあえて選ぶのも一つの選択肢なのではないでしょうか。(・Д・)ノ

一応適正身長155cm~165cmくらいを目安としておきます。

形もかわいいくてオシャレですね。(^∇^)ノ




《ミニギターに合う理想体型》


フェルナンデスのZO-3などに代表されるミニギターと呼ばれるものもあります。

実はネックのスケール自体は先ほどのジャガーやムスタングと同じショートスケールと同一のものを使用していますが、このミニギターというものはボディそのものも小さく作られており、実際のストラトキャスターなどの85%くらいの大きさだといわれております!

これはやはりまだ体の小さな小学生や中学生などに好まれているようですね!

普通に計算してみますと一般的なストラトキャスターを弾くのに理想的な身長は175cmといいましたが、175cmに対しての85%なので、175×0.85=148.75となり、140cm代の身長の方でも十分に演奏できるサイズのものとなっております!

試しに170cmのアカッチが弾いてみると窮屈な感じがしてやはり弾きにくいです。

でもなれれば軽いし楽に弾けるようになりそうですね。

《あくまで参考程度に。好きなギターを選んでください》


色々書きましたが参考程度にという事でお願いします。

やはり自分の気に入った好きなギターを弾くのが一番です。

身長100cmしかない子供でもその気になればギターを弾けます。(^∇^)ノ

でも何か基準になるものがあればギター選びの手助けになることもあるでしょう。

ギター選びに迷ったときに一つの基準としてみていただけば幸いです。

それではみなさまがよい相棒に恵まれることを心より願っております!(^-^)/



YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。