練習前後のストレッチで手の筋肉と会話する方法!

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

本日はギタリストの体のケアについてお話したいと思います。

みなさん練習前後のストレッチは行っていますでしょうか?

今日はあまり調子が良くないという日に限ってやはり手の筋肉の状態も良くない事が多いです!

やはり日々の筋肉の状態を最適化しておくことで思わぬケガに悩まされることなくギター人生を歩むことができるのではないかと感じております。


前腕の裏側を伸ばすストレッチ運動。指を開く筋肉を緩める目的。

20190430_085330.jpg

前腕の表側を伸ばすストレッチ運動。指を曲げる(フレットを抑える)筋肉を緩める目的。

20190430_085343.jpg

各指1本づつの筋肉を意識したストレッチ運動。前腕裏側、指を開く筋肉を緩める目的。

20190430_091929.jpg

同じく各指1本づづの筋肉を意識したストレッチ運動。前腕表側、指を曲げる(フレットを抑える)筋肉を緩める目的。

20190430_085418.jpg

このように各筋肉がどのような動きを担当しているか、理解しながら意識してストレッチ運動を行いましょう!

そしてストレッチ前後に軽く伸ばした筋肉をマッサージしてみてどれくらい緩んだのか、練習の前後では筋肉の張りにどのような変化があったのかを把握しながら行うという事が大切です!

「今日は小指の手のひらあたりが少し硬いな」(`・ω・´)

「小指のハンマリングを多用したからかな?」(´・Д・)」

必要であれば運指フォームの改善にもつながります!

これが筋肉と会話するというものですね。(^-^)/

ただ何も考えずストレッチ運動だけをやっているのではもったいない!そこには様々な演奏改善のためのヒントが隠されているんですから。

ちゃんと語り掛ければ必ず身体は答えてくれます。

自分の体というものは色々な事を教えてくれる偉大な先生なんですよ。

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】

絶対に挫折させないギター教室はこちら!
【ここをクリック】


ギターランキング
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。