初めての家庭用アンプは迷わずこれ!VOX ヴォックス コンパクト・ギターアンプ 10W Pathfinder 10

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

本日はギター初心者、始めの1台目にお勧めの家庭用アンプVOX ヴォックス「Pathfinder 10」をご紹介致します!20190310_084120.jpg

《アンプ本来の音とは》


2019年現在、時代は変わりアンプシミュレーター搭載の家庭用ギターアンプが当たり前の時代になりました!

しかもマルチエフェクターを始め様々な機能をコンパクトな家庭用アンプに凝縮できる技術が格安で生産できるようになり、時代は確実にに移り変わろうとしています。

しかしそれで本当にいいのでしょうか?(´・Д・)」

ギターを始めていきなりアンプシミュレーターで作り上げた音があなたの原点のサウンドになってしまっても。

時代のながれなんだからある程度仕方がないとは思いますが、アンプの音も知らないのにアンプの音を再現することってはたして可能なのでしょうか?

というより家庭用アンプシミュレータでアンプの音は出ません!(似たような音はしなくもないですが)

そのような機材をいきなり使ってしまうよりギターを始めて使う方には

「ギターの生音」

「アンプの持つ本来の音」

まずはこの二つを感じ、楽しんでほしいと思います!

その後に安物のアンプシミュレータを購入し音作りに悩み苦しむことに本来の意味が出てくるのではないでしょうか?

2019年家庭用アンプシミュレータが主流になった中、今でも全世界で売れ続けているコンパクトギターアンプがあります!

その名も「VOX Pathfinder 10」 何と¥6000前後で売ってます!

その売れている理由はやはりアンプそのものの持つ個性的な音にあるといってよいのではないでしょうか。

だってそれ以外に何も機能が付いていないんですから。( ̄^ ̄)ゞ

《VOX Pathfinder 10の操作パネル》


20190310_084153.jpg

このアンプの機能はこれですべてです!

この四つのつまみ、二つの端子、二つのスイッチ以上です。

最強にシンプル、しかしそのすべてが重要な役割を果たします。

左からINPUT端子6.3mmジャック ギターのシールドを刺すところです。

2番目、GAINツマミ 簡単に言ってしまえばアンプの出力を増幅させる部分です。歪み量の調整に使います。

3番目 オーバードライブとクリーントーンの切り替えスイッチです。

4番目TREBLE 高音域のイコライザー(右に回すと高音域が強調され左に回すと高音域がカットされます)

5番目BASS 低音域のイコライザー(右に回すと低音域が強調され左に回すと低音域がカットされます)

6番目 VOLUME 音量の調整に使います。

7番目 HEAD PHONE、 LINE OUT ヘッドフォンの接続 および後付けスピーカーなどの接続に使います。

そして最後に電源スイッチになります。

まずはこのシンプルな操作パネルで思いっきり遊んでください。

基本TREBLEとBASSは12時の所から自分の好みに合わせるのがセオリーです。

いかがでしょうアンプの生の音を感じることができましたでしょうか。

使ってみるとわかると思いますが、このアンプホントに音がいいんですよ!(^-^)/

だっていまだに売れ続けている理由がこの音なんですから。

《VOX Pathfinder 10の背面》


背面はこんな感じになっております。

20190310_084229.jpg

こちらはスピーカー部。何と中にはブルドックが!🐶

しかしこのアンプからは犬の泣き声は聞こえませんでした。

20190310_084246.jpg

関電の恐れありキャビネットを開けるなの文字が!

ということはこの中にアンプ(増幅器)が?

20190310_084320.jpg

好奇心の強いアカッチなので警告無視して開けたった。

出てこいブルドック!(`∀´)「イヤーやめて~ワンワン」🐶

結局犬は出てきませんでしたが

「ふ~んギターアンプの中身ってこうなってるんだな」(゚д゚)

こちらは「トランジス型」のアンプでギターアンプにはもう1種類「真空管」アンプというものがあります!

20190310_095816.jpg

《VOX Pathfinder 10のスペック》


■ 仕 様 ■
出力:10W RMSスピーカー:VOX Bulldog 6.5インチ×1(8オーム)
入出力端子 インプット・ジャック、ヘッドフォン/ライン・
アウトコントロール:ゲイン、トレブル、ベース、ボリューム、
クリーン/オーバードライブ・スイッチ
外形寸法:(幅)380×(高さ)260×(奥行)170mm重量:4.8Kg 

たったこれだけ!

《VOX Pathfinder 10のサウンド》


さて最後にみなさま気になるサウンドですが、先ほどから「音がいい、音がいい」と連呼しておりますが、実際にどういいのかわかりませんよね。

言葉で音を表現しても意味のないことぐらいわかっておりますので実際のサウンドを聞いて頂きたいと思います。

数ある動画の中から一番原音に近いと思われるものをご用意いたしましたが、これでも原音とは若干の違いがあります!
大体の感じはこの動画で伝わるかと思いますので参考までにご視聴ください!



これはエフェクターにも言えることですが動画で実際の音を伝えることって本当に難しいです。

マイクの性能など色々な要素が絡んでくるんでしょうね。

やはりアンプ本来の音が聞きたければ、楽器屋さんへ行って視聴するしかないですね。

自分で弾くのがいやだったら店員さんに弾いてもらってください。

原音聞けば気に入ってたぶん買って帰ることになるでしょう!歪み量も申し分ないですし。

というわけで本日はアンプの音がする家庭用アンプ「VOX Pathfinder 10」のご紹介でした。

まあ一家に一台置いといても損はしませんわ。( ̄^ ̄)ゞ

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。