ピック選びで迷ったら?まずはトライアングルの1mm厚を使いこなそう!

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

色々な種類があるピックですが、ギター初心者の方はどれを使っていいのか迷いますよね。

本当はすべての種類のピックを使い自分に合ったものを選定するのが望ましいですが、

そんなことやってられないし、自分に合ったピックなんて初心者のうちはコロコロ変わるものです。

そんなことを続けているうちに自分のピッキングを見失ってしまい、ピッキングが上達しなくなってしまいます!

しかもピッキングが上達しないのをピックのせいにしてしまい(若き日のアカッチの様に)ピック地獄に陥ってしまう可能性すらあります(´・Д・)」

そのような方に向けた最適なピックがこちら

20190308_061334.jpg

別にフェンダー製じゃなくてもいいんですが。

トライアングル型、通称おむすび型といわれるタイプのHeavy(1mm)厚のピックです!

とりあえずこのピックを使いこなしてください。(・Д・)ノ

間違っても0.5mmとか薄すぎるピックを使ってしまうと後で苦労するハメになりますよ。

この手のピックはピッキングの時に勝手にピックがしなってくれるので、後で固いピックに持ち替えた時に柔軟なピッキングが身についていないため弦にピックが引っ掛かってしまいます!

そしてもう一つの定番ティアドロップ型といわれるピックですが、こちらはギターソロなどの単音引きに向いているといわれるものです、しかしトライアングル型にくらべ表面積が小さいため、摩擦力が少なくなりピックがずれやすいんですよね。(´・Д・)」

なので初心者の方がこのピックを使うと特にコードストロークの多い曲などではピックを強く握りこんでしまいがちです!

そうなると先ほどの柔らかいピックを使用した時と同様に柔軟なピッキングが身につかず、弦にピックが引っ掛かってしまうという現象に悩まされることでしょう。

もちろん突き詰めて行けば楽曲や演奏スタイルに合わせ、最適なピックに持ち替えるということもアリだとは思います。

でもそれはトライアングル型で一通りどのような楽曲でも対応できる技術が備わってから初めて生きるものだと思います。

上手く弾けない事をピックのせいにしないためにも、特に初心者のうちはトライアングルのHeavy(1mm)厚のピックを使いこなしてくださいね。(・Д・)ノ

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】


ギターランキング
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。