得意なテンポを把握する。上手くギターを弾けるのは最高BPMより-10%付近

まいどアカッチです。

DSC_0812.jpg

ギター練習に非常に大事なメトロノームを使った練習法がありますが、最近ある事に気づいたのです。

それはまず自分の演奏できる最高BPM(最高テンポ)の曲では上手く弾けないという事!

これは容易に理解できるかと思います。

演奏に全く余裕のない状態で上手く弾けるはずもありません。

しかしもう一つ新たな事実が判明しました。

テンポを徐々に落としてゆくと弾きやすくなってくるのですが、この-20%~-30%あたりの曲が非常に弾きずらくなってきます!

そしてこれはバッキングではなく、ギターソロなどの単音弾きで多く現れます。

アカッチのピッキングの最高BPMは210テンポの16分付近です(その日の調子にもよりますが)

210BPM-20%(42)=168BPM

210BPM-30%(63)=147BPM

このあたりのBPMでの曲が非常にやりにくいです。ちょうどXJapanの紅ぐらい(紅のBPMは157)です。

さらにBPMを下げて-40%までBPMを落とすと楽に弾けるようになります。

そして最高BPM-10%でも楽に弾けてしまうんです。(・Д・)ノ

metronome-1502798__340.jpg

何とも不思議な現象ですが、これにはある理由があり、これを見てくれている皆さんも同じような現象で悩まされている方も少なくないことでしょう。

なのでこの苦手範囲のテンポでの練習はかなり時間を費やす必要があり、しかもできないのではなく苦手ということが特徴的でもありますね。

これは人間の体の動かし方の性質上ある程度仕方がない事で、細かく突っ込んだ内容はここでは話せませんが、特に右手のピッキングにある現象が起きるためだということが推測されます。(それに左手がつられてしまう)

今の所解決策はこの苦手範囲での練習量を増やすという事以外は思いつきませんが、いずれきっと良い解決策を見つけてやろうと考えておりますのでしばしお待ちください。

みなさんもぜひ一度ご自身の最高BPMを把握してからこの「苦手範囲」のBPMを調べてみてください、個人差はあると思いますが、自分の弱点を見抜くよい機会かもしれませんよ。(・Д・)ノ

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】


ギターランキング
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。