第9回カノンロック練習52日目 腱鞘炎の前兆が表れたので、回復に専念しております

まいどアカッチです(・Д・)ノ

本日はみなさまにある重大発表がございます!

現在挑戦中のカノンロックですが、なんとアカッチ黄金の左腕に再び腱鞘炎の前兆が表れだしました。

このまま放置して練習を続けると以前の様にロックの神が降臨・・・・・・・・・・・・
ではなく(・Д・)ノ再びあの悪夢のような腱鞘炎地獄に陥ってしまうため、、これにて「40歳からのカノンロック挑戦日記」は終了とさせて頂きます(´・Д・)」

これまで応援していただいたみなさま短い間でしたがありがとうございました(・Д・)ノ

DSC_1302.jpg

と、言いたい所ですが、カノンロックを夢見るギタリスト達の期待を一身に背負っているアカッチはこれしきの事ではくじけません!( ̄^ ̄)ゞ

必ずや不死鳥のごとく復活を果たし、みなさまの前でカノンロックを演奏できる日まで戦い続けますので、気長に見てやってくださいませ。

実はアカッチ過去に腱鞘炎を患っており、強烈な痛みによりまともにギターが弾けない日が1年3ヶ月も続いておりました。
そのような失敗を経験しているため、今回は同じような過ちを犯さぬよう早めの対処が必要だと判断いたしました。

【アカッチの腱鞘炎治療日記はこちら】

まだ傷口が浅いうちなら回復も早いと思いますので、ここは勇気をもってしばらく練習を休むことにします。

世の中腱鞘炎に苦しむギタリストが大勢いると聞きます、他にもジストニアとかいう筋肉が勝手に収縮してしまう怖い病気にかかる音楽家も多いと聞きます(゚д゚)

そのどちらにも共通して言えるのが楽器演奏のやりすぎが原因といわれております。

みなさまもお気を付けくださいね。いつそのようなことがご自身に降りかかってくるかもしれませんし。

そうならないためにもやはり自分の体に起きる小さな異変を早めに感じ取ることが重要です。

以前のアカッチは腱鞘炎にかかっていたにも関わらず、単なる疲労ととらえていたためそのまま練習を続けていたので、腕に激痛が走るようになり一時はどうなる事かと思いましたよ。(つД`)ノ

今回はその経験を活かし早めの対応を取ることができましたので、経験から学ぶ事の大切さを身をもって感じております。(^-^)/

でも40歳のオッサンが難曲といわれるカノンロックに挑戦しているんですからこれぐらいのことは覚悟の上ですよ。

逆にすんなり弾けるようになってしまうとストーリー的に面白くないじゃないですか(´・Д・)」

はたして等身大の中年ギターヒーロー、アカッチに春は来るのでしょうか?

現在あまりのプレッシャーに押しつぶされそうでございます。(。>ω<。)ノ

40歳からのカノンロック挑戦日記 第10回は
【ここをクリック!】

40歳からのカノンロック挑戦日記 第8回は
【ここをクリック!】

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。