ついにやっちゃった! 腱鞘炎になった原因とは?

DSC_0416.jpg

こんにちはアカッチです。
今日はみなさんに重大なお知らせがあります。アカッチはなんと今から1年ほど前から
                     
               【腱鞘炎】を患っております。

「え~なんで今まで言ってくれなかったんだよーアカッチのバカー!(´・Д・)」

スーパースペシャルギタープレイヤーのアカッチですが、その裏には
地獄のギター練習の日々がありました。
その内容は、16分音符のギタートレーニングフレーズを、何度もループ再生させ、朝から晩まで延々と弾き続け、
これで完璧だ!と、自信をもってわが師であり、速弾き世界三位でもある

       [Hidenori]先生

に練習動画を見ていただき、ありがたいダメ出しとお叱りをうけ、
また同じような地獄の猛特訓を続け、また動画を見ていただき、叱られ、、泣き崩れ、を繰り返していました。
毎日平均4時間(土、日は10時間を超えることも)練習をしていました。

初めに襲ってきた違和感は肩、首、背中の痛みでした。その後何となく腕がだるいなという状態が続きました。
徐々にアカッチの指が自由に動かなくなってきます。(実はこの時点で腱鞘炎は確定しています。)
ここでアカッチは重大な勘違いをします。
「指が動かないのは練習がたりないからだ、もっと練習しないとまたHidenori先生に叱られる~ビクビク」
まだまだ練習を続けるアカッチは第二の異変首の捻挫を繰り返すようになり、
首と腕の痛みと悲しみで地獄のような日々でした。(もうこの時点でHidenori先生に練習を止められています)
そしてついにその日がやってきました。

アカッチの黄金の左手に稲妻が走りました。
「オッシャー!ついにアカッチの左手にもロックの神が降臨したぞー!!"」

みなさんもうお分かりですよね。

その直後からアカッチの指はピクリとも動きません。もう終わりだと泣き崩れるアカッチヽ( ´_`)丿

泣きながら整形外科に行き診察を受けます。
その2へ続く

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(^O^)/
ここをクリック!
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。