ギタリストに必要な指を開く筋力 指の独立性についてのお話

まいどアカッチです。(・Д・)ノ
先日指の独立性と腱間結合の話をいたしましたが、今回はその続きになります。

まずはこちらを先にご覧ください⇓
ギタリスト必見腱間結合って何?

みなさんご存知の通り指は5本あります。
ギターを弾くときは主に左手の人差し指から小指までの4本で押弦しますが、なんとこの4本の指は手の甲にある腱を通してつながっています!

ぱっと見一本一本独立して見える4本の指が、腱を通して繋がっているというのです!
親指は独立していて自由な動きができるのですが、その他4本の指は一本だけ動かしたい時でも、他の指がつられて動こうとするのです。
これを「腱間結合」というらしいですが、細かい専門的な話はここでは避けます。

一本だけ独立して指を動かすために動かさない指にはその場所を維持するための力が必要であり、そこに力が集中すると独立して動かしたい指の動きまで阻害してしまいます。

この写真をご覧ください
机の上に手を置いて一本づつ指を持ち上げた写真です。
20190127_065044[1]
20190127_065048[1]
20190127_065052[1]
20190127_065057[1]
みなさん何かお気づきになられたでしょうか?
そうなんです、薬指だけがほとんど上がっていないんです!
これこそが腱間結合による指の独立性の阻害でありますが、なぜ薬指だけなんでしょうね?
色々な動きのパターンを調べてみるとある事に気が付きました!

20190127_065112[1]
20190127_065118[1]

小指と薬指の二本を同時に挙げても薬指の高さは変わらないのですが、中指と薬指を同時に持ち上げると、なんと薬指が他の指と同じ高さまで上がったのです!

みなさんもうお分かりですよね。(^-^)/

薬指の動きが悪いのは中指との腱間結合が強いからなんです!
でもそれだと中指も同じように指が上がらないのでは?と思いますよね。
でもこの腱間結合というのは手の甲で斜めにつながっておりその方向によって動かしやすい指が変わってきます!
なので薬指と中指の動かしやすさに違いが出るのは当然の結果なんです。(・Д・)ノ
もちろん中指と薬指の筋力の違いというものもあるでしょう。

これでどの場所の腱間結合が強いのかが分かりました。
やはりどの指も同じように自由に動かせた方がいいのは当然です!
なので薬指に限っては専門的なトレーニングを行う必要があります。

ではどのようなトレーニングが有効か?

よく巷で出回っている指の分離をよくするストレッチですが、この方法は全く効果がありませんでした。
片方の手で指を引っ張るようなストレッチでは自分の意志で指を動かすということにはつながりません。
なので指を自分の力で持ち上げるというようなトレーニングが必要になってきます。

今回特別に最強の指筋トレをご紹介いたします!
これであなたも薬指マスター。(^-^)/
少々きついですが効果絶大なのでぜひやってみてください!



終わった後にはストレッチでちゃんと筋肉ケアしてくださいね!

ギター演奏とは運動でありスポーツと同じ!( ̄^ ̄)ゞ
脳からの指令を受けて各関節、筋肉を的確に、動作させるということです!
今一度、運動生理学という観点からギター演奏を考え直してみてはいかがでしょうか?
アカッチは絶対に挫折させないギター講師を目指して日々努力しております!(・Д・)ノ

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。