ギタリスト必見!「腱間結合」ってなに?指の分離について考察します

まいどアカッチです。(・Д・)ノ

今回は指の分離というものについてお話したいと思います。

みなさんご存知の通り指は5本あります。

ギターを弾くときは主に左手の人差し指から小指までの4本で押弦しますが、なんとこの4本の指は手の甲にある腱を通してつながっています!

ぱっと見一本一本独立して見える4本の指が、腱を通して繋がっているというのです!

親指は独立していて自由な動きができるのですが、その他4本の指は一本だけ動かしたい時でも、他の指がつられて動こうとする
のです。
これを「腱間結合」というらしいですが、細かい専門的な話はここでは避けます。

要するにこの腱間結合というものはギタリストにとっては邪魔なものということになりますね。(´・Д・)」

なんとピアニストの中には幼少期の頃にこの腱間結合を手術で切開してしまう方もおられるようです!(゚д゚)

人間の体に不必要なものは無いとおもいますので、出来ればそんな怖いことはしたくはありませんよね。

でも指はそれぞれ自由に動かせることが理想なのも事実です。

そこで今回は各指を自由に動かすためにはどのようなことがおこっているのかを検証したいと思います!

まずはこの動画をご覧ください!


指を一本づつ独立して動かすということは他の指にはその位置を維持するための力が必要だということが分かりますね。

なので指をそれぞれ独立して自由に動かすためには、曲げる指の筋力だけを鍛えるのではなく、他の指を動かさないために固定しておく筋力も必要だということになります。

20190126_072235[1]

この写真の様に日ごろから暇なときにこのような動きを行っておくと指を固定するための筋力が身につき、各指を独立して自由に動かすことができるようになります。

この動きやってみるとわかると思いますが、非常に力が必要で、慣れないうちは手がプルプルふるえてきます。

それくらい腱間結合が強いということですね。

あと言い忘れましたが、一番腱間結合が強く動かしにくい指は薬指になります。

この指を重点的にトレーニングしてみてください。でも無理は禁物ですよ。( ̄^ ̄)ゞ

ギター演奏とは運動でありスポーツと同じ!( ̄^ ̄)ゞ

脳からの指令を受けて各関節、筋肉を的確に、動作させるということです!

今一度、運動生理学という観点からギター演奏を考え直してみてはいかがでしょうか?

アカッチは絶対に挫折させないギター講師を目指して日々努力しております!(・Д・)ノ

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】
関連記事

コメント

非公開コメント

アカッチ

大阪府大東市のエレキギター教室!
運動生理学の観点からギター演奏を見直すことにより、絶対に挫折させないギター講師を目指し日々努力と研究を続けております。
非常に挫折者が多いと感じるエレキギターですが、敷居も低く一生かけて楽しめる素晴らしい楽器です。
アカッチはギター上達に悩むみなさまに有益な情報を提供し続けます。