FC2USER405058MKOさんのランキング集計結果

長いフレット間の素早い移動は、肩関節の内旋、外旋運動によるもの?

まいどアカッチです!(・Д・)ノ

今回のテーマは肩関節の動きについてです。

ギター演奏において、ローフレットからハイフレットまでの素早い移動が必要とされる事ってよくありますよね?
これってみなさんあまり意識していないかと思われますが、一体どこの関節、どこの筋肉を使って行われているのでしょう?

この動き結構苦手な人多いと感じましたので今回一度考察してみることにしました。

よくギター演奏において、「脱力」という言葉を耳にしますが、力が必要になる場面って多々あると思います。
今回はその力が必要になる(主に瞬発力)ある1例をご説明させていただきます!

ローフレットからハイフレットまでの移動に使われる関節は実は肩関節によるものです!
実際に移動しているのは手であり、指先なんですが、実際に動いている関節はそこから離れた肩関節によるものです。

どのような動きかと言いますと、肩関節の外旋(ガイセン)内旋(内旋)運動といわれるものです。

9567db5d95399e4e15391a6f9ece9d19.png


画像は右手で申し訳ないのですが、肩関節を軸とした、
内旋運動が、ハイフレットへの移動。
外旋運動が、ローフレットへの移動。
となっております。

281_2.jpg

使用筋肉は、
内旋運動では、肩甲下筋、大胸筋、広背筋、大円筋
外旋運動では、棘下筋、小円筋
となっております。

主に肩のインナーマッスルと呼ばれる筋肉ですが、このインナーマッスルというものは、
非常に小さくて弱い筋肉なんです。

この小さくて弱い筋肉を使い、支点から遠い手や前腕を瞬間的に移動させる必要があるので、
肩のインナーマッスルには多大な負担がかかることになります!

要するに頑張って、「瞬間的にグッと力を込めないとできない動き」だということですね!(・Д・)ノ

巷でよく言われている、「ギター演奏での脱力」ですが、それに当てはまらないシチュエーションはいくらでもあります!
先生に言われた通り、肩の力を抜いて演奏しているのになかなか上達しない。
ネットで検索したらギター演奏は脱力だと書いてあった。
そんな情報を鵜呑みにしてはいけない人はたくさんおられます!(´・Д・)」

脱力していいシチュエーション、脱力してもいい人、まだ脱力してはいけない人、その他色々あります!

ギター演奏とは運動でありスポーツと同じ!( ̄^ ̄)ゞ
脳からの指令を受けて各関節、筋肉を的確に、動作させるということです!
今一度運動生理学という観点からギター演奏を考えてみてはいかがでしょうか?
具体的なトレーニング方法などはここではお伝え出来ませんが、
いずれお話しできる機会があればと思っております!

YouTubeチャンネルアカッチの音楽室もぜひご視聴ください!(・Д・)ノ
【ここをクリック】


関連記事

コメント

非公開コメント